GAMA2004グランプリ(2004年)
ポップフェスティバルin町田グランプリ(2012年)本文へスキップ
もりきこの軌跡~18年間にわたる激闘と共鳴の日々


森の木狩り達時代(1998-2006)  もりきこ時代(2007-)

 森の木狩り達時代(1998-2006)
1998
小学生からの幼馴染みでロックバンドを組んでいた二人が、ビートルズに出会い、路上で歌いたいという衝動のみで、森の木狩り達を結成し、路上ライヴをはじめる。 以後ビートルズのカバーを中心に週1回川崎駅で路上ライヴを続ける。同年末、初のDEMOテープ「アメリカ /SHOCK OF LOVE 」を限定発売。


1999
10日間にわたるヒッチハイク路上ツアーを敢行。関西主要都市を野宿しながら回る。
2ndDEMOテープ”マッシュルーム”を限定発売。
また路上ライヴを空前のブームに沸き立つ横浜駅西口にも進出して週2回行うようになる。


2000
関内CLUB24YOKOHAMAにて初めて演奏してから、横浜近郊のライブハウスに続々と出演。奇抜な格好とパーフォーマンスで臨むも、沢山のダメだしを受けて凹む。
横浜での路上ライヴを中止、音楽的にも、コミカルでPOPな路線からダークで内省的な方向にシフトしていく。


2001
横浜サマーナイトフェス“音楽市場”に出演。同時に完全自主制作の音源“森海”リリース。
以後、路上ライヴは休止し、月に4,5本のペースで関内CLUB24WESTを中心に都内、近郊のライヴハウスに出演する。


2002
関内CLUB24WESTにてひたすら激しいロックバンドとの共演を重ねて、年末大雪の中、初のワンマンライヴを敢行。同時に新音源2ndデモCDR“森空間”をリリース。


2003
関内CLUB24WESTにて初の自主企画”空中サミット”を千葉のロックバンド、ドイツオレンジと共同開催。舞台美術を大胆に導入したり、弾き語りをサブステージに用いたりと独自の空間を演出した。翌8月、千葉ANGAでvol.2を行う。
ライヴコンテスト”Yokohama HOOOD!! #3”にて第3代グランプリを獲得する。
新人ミュージシャン発掘プログラム”OLEっち”にて、第8号チャレンジャーに選ばれ、4週間沖縄で生活をして番組のミッションにチャレンジする。メジャーデビューを賭けたファイナルミッションまで勝ち残るが、惜しくも敗退。


2004
CLUB24WESTにて2回目となるワンマンライヴを敢行。舞台美術にバックバンドを入れるなどの試みをする。同時に沖縄の子どもたちとのコラボレーション曲を含む意欲作3rdデモCDR”日森月歩“をリリース。
翌年3月に4組で行う1000人コンサートに先駆け、オムニバスCD”横浜アコギBOX“をリリース。
GIBSONコンテスト『GAMA2004』にて森の木狩り達の楽曲”カラーボール“でグランプリを獲得する。


2005
かながわドームシアターにて、4組で1000人コンサート「横浜アコギBOX」敢行。トリを務める。
関内CLUB24YOKOHAMAにてワンマンライヴ開催。同時に4thデモCDR“Tree Finger”リリース。
新宿MARBLEにて都内初のワンマンライヴ開催。ライヴ活動休止を発表。充電期間に入る。


2006
それぞれソロ活動、バンド活動などを経験し、新店舗・横浜BAYSISにて、全曲新曲による復活ワンマンライヴを開催。
FMヨコハマ「YOKOHAMA MUSIC AWARD」のコンピレーションCDに「君は魔法を信じるかい?」が抜擢される。
 






もりきこ時代(2007- )
2007
ユニット名を「森の木狩り達」から「もりきこ」に改名する。
ニュートラックスより1stアルバム「20代キッズ〜深緑な響き」を全国リリース。
大阪みなみエリアで開催された音楽フェスティバル「MINAMI WHEEL2007」に出演。
横浜ランドマークホールにてワンマンライブ「ランドマークのてっぺんにたつ まずは5階から」を敢行。


2008
1stマキシシングル「サンシャイン/ニワトリマン」を全国リリース。「サンシャイン」はFMヨコハマ6月度プライムカッツに選ばれる。
2ndアルバム「20代キッズ〜真紅なる調べ~」を全国リリース。横浜ランドマークホールにて2度目のホールワンマンライブ「ランドマークのてっぺんにたつ第2弾 明日に向かって昇れ↑」を敢行。初の西日本ツアーで関西・四国を回る。
桜木町ドックヤードガーデンにて、ランドマーク15周年企画「ROCKYARD SPECIAL LIVE ~ I LOVE YOU ~」にホストバンドで参加。
大阪みなみエリアで開催された音楽フェスティバル「MINAMI WHEEL2008」に出演。
横浜THUMBS UPにて10周年記念イベント「もりきこ十年「錫の音高らかに」誕生会」を開催。


2009
2ndシングル「キッスで終わろう/からっぽワールド」をライブ会場及び配信限定リリース。有線パワープレイに抜擢される。
初のフルアルバム「3番サードもりきこ」リリースに合わせて横浜ランドマークホールにて3度目のホールワンマンライブ「ランドマークのてっぺんにたつ第3弾 天国への階段見つけた」を敢行、ロックバンドもりきことして再出発し、年末には西日本ツアーを敢行。


2010
3rdシングル「イージー・Q/ダ・ヴィンチ」を全国リリース。FMヨコハマにてパワープレイされる。
4thシングル「HAPPY」をリリース。
大御所ロックミュージシャンとの対バン企画「もりきこmeetsロックの鉄人」シリーズを行い、その集大成として、大晦日横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホールにて、エンケンこと『遠藤 賢司』氏を迎えて、横浜の同志と共にカウントダウンイベント「はじまりのおおみそか」を敢行。


2011
JUNNYは単身ギターを担いでタイに放浪の旅へ、DANNYはソロ企画『ひとり相撲』シリーズを敢行、それぞれ修行を重ね充電期間を設ける。
6月に関内BAYSISにてワンマンライヴ『5年越しの音がえし』、12月に志津SOUND STREAMにて千葉初ワンマンライヴ『BATTLE OF SOUNDSTREAM』を成功させる。



2012
5thシングル「4D」を全国リリース。同曲は地元ケーブルTV・YOUTVの番組のエンディングテーマに起用され、鶴見川花火大会にも初出演。
町田市立忠生第三小学校に50周年記念歌「メタセコイヤが見ている未来」を書きおろし提供する。
第3回ポップフェスティバル in町田にてグランプリを獲得。



2013
6thシングル「ヨコハマ」を全国リリースし、レコ発&15周年を祝して15本にわたる自主企画ツアー「ヨコハマ・クリスタル・フォレスト」を敢行、各地で縁のあるアーティストを集めて展開。
15周年の記念日となる8月30日に地元・鶴見サルビアホール(音楽ホール)にてFINALの単独公演を迎え満員御礼!



2014
埼玉コルソホールにてダンスチーム「KAZOO」のダンス公演「時感」にゲスト出演。もりきこ楽曲をフューチャーして、ダンスとのユニークなコラボが実現。
冠二郎さんとのカップリングCD「湖底のふるさと/所沢よいとこ節」を制作、会場限定発売。演歌をもりきこ流にアレンジして好評を博す。
16周年を記念して佐倉と恵比寿の2会場にて「16祭(ジュウロックフェス)」を開催。年末には横浜BLUE JAYにて、湯川トーベンさんをゲストに迎えた公演「1年越しのオンガエシ」を開催。



2015
童話作家・塩川智子さんの歌詞にもりきこが作曲・編曲を担当して童謡『すいきんちかもくどってんかい』を制作。8月には、17周年を記念して横浜サムズアップにてワンマンライヴ「紫玉のハーモニーを磨け!」を開催。
1年半ぶりとなる4thミニアルバム「愛とは永遠にワンダフル」を全国リリース。新潟長岡・ギャラリー沙蔵にて初の単独公演「越後一縁」を敢行、奇跡のソールドアウト!



2016
ムード歌謡の大作曲家・故中川博之さんの遺作「愛をありがとう」の響作プロジェクトに大抜擢。
マヒナスターズの松平直樹さん、松原のぶえさん、北川大介さん、ジェロさん、佐々木秀実さん、純烈さんと共に東京、静岡、名古屋、大阪と地方公演を行い、年末には明治記念館のディナーショウで千秋楽を迎える。
8月には18周年を記念して恵比寿club aimにて、ダンスとのコラボやアフターパーティも交えた単独公演「十八番theガーネット」を敢行。
10月にはオーディションを勝ち抜いて、初の野外フェス「GO AROUND JAPAN FES2016」に出演
新潟3都市ワンマンツアー『越後三昧』を敢行。柏崎市、長岡市、新潟市で趣向を凝らした単独公演を開催し、いずれも満員御礼。



2017
CDデビュー10周年を迎え、来年やってくる20周年を視野に入れて奔走中。
0